広島風俗で働いたお給料から税金は支払うのか

広島風俗も頑張って働けば、しっかりとお給料はもらえます。普通の仕事よりも短時間でもしっかりと稼ぐことも可能です。
でも風像で働いてみると、気になるのは税金はどうしたらいいのかということです。働いてもらったお金について、ここでは見ていきましょう。

風俗の仕事だけをしているのであれば

たとえば、風俗で働いているとはいってもあくまでも副業で、本業は別なんて人も多いです。週末だけ風俗なんて人も多いのです。そんな人は本業からまずは税金を支払います。

それに対して風俗だけという人は、まずは基本として自分で確定申告をして支払いをすることとなります。確定申告は、毎年2~3月に前年の分のお給料やもらったお金から税額を算出して、それを税務署へ申告することです。それから一定の期間内に税金を納めることとなります。
大半は自分で行うことになりますが、お店によってはお店側ですべて確定申告や納税までしてくれて、女性はなにもしないなんてところもあります。

マイナンバーの対応はどうしたらいいのか

マイナンバーが施行されましたが、それによりお店も確定申告の際に女性へ支払ったことを示すために女性のマイナンバーを書類に書くことが義務付けられています。そうなると今度は女性も確定申告にマイナンバーを書き、さらに金額もお店の支払った金額と一致させないといけなのです。

ところが女性に聞くと、マイナンバーをお店におしえていない、また聞かれないなんて答えもかえってきます。本来はいけないのですが、とりあえず現在はマイナンバー対応もお店次第といえるのです。

国保はどうなるのか?

マイナンバー対応や確定申告もきちんとやるようにしましょう。
あとは、国保もあります。これも確定申告したお金を基準に金額が決まります。申告しなければ、国保では収入なしと見なされます 。

確定申告に関してはお店と相談をしながら、きちんと済ませましょう。それが国保にも繋がってくるのです。

関連する記事